2017年6月7日水曜日

#04 呉の大和ミュージアムでその姿に愕然:広島宮島の旅



1、福山から呉へ
2、大和ミュージアム入館
3、海底の大和の姿に愕然とする



ベッセルホテル福山無料の朝食を食べ。
準備ができたら出発。

今日の予定は呉。
大和ミュージアムに行きます。

同じ広島県内とはいえ。
ホテルから大和ミュージアムまで。
まだ120キロほどあります。

福山西インターから山陽自動車道に乗って。
なんか知らんけどナビの指示するまま車を走らせれば。

呉入り。

大和ミュージアムは海の近くにありまして。
待ち中を通れば。

なんかイベントやってる~。

呉市役所から南へ向かう。
蔵本通り。

広い通りの歩道には。
屋台がいっぱい出てます。

どうもまだイベントは開始されていないようで。
そんなに人通りは多くないし。
出し物的なものもまだやってなかったんですが。

大和見学した後はきっと混むだろうねぇ。

ひょっとしたら車道は歩行者専用になり。
渋滞するかもしれんがね。

後で調べたところ、このイベントは。
呉みなと祭りということでした。


大和ミュージアムへと車を近づければ。
駐車場はどこかしらん?

駐車場の案内看板に沿って行けば。
なんと満車。

まだ早い時間なのに~。

イベントの影響かしらん?

ま、でも近くにはいくつか駐車場がありまして。
満車のところもありましたが。
空いてるところを見つけての駐車。

大和ミュージアムの入り口

少し歩いてミュージアムへ。

日本遺産ですって

入館料は常設展示場のみが500円。
チケットを持っていれば再入場オッケーですとか。


チケットを買って入館すれば。
いきなり目に飛び込んできますのは。

巨大な戦艦大和の模型。

お~これはすごい

でけ~。

なんでも1/10サイズですとか。

1/700プラモデルでは人の大きさがわかんないから。
今一つスケール感がつかめないですし。
省略されているところも多かろうと思いますが。

これだけ大きい模型だと実際の大きさがつかめますねぇ。

艦尾側

館内にはこの模型の他。
各種資料の展示があります。

なんか知らん艦の模型

大和が建造されてから沈没するまでの歴史。
内部構造など。
大和に関する資料はもちろんのこと。

大和のボイラー実物大

呉の街が有数の造船の町になった歴史や。
呉で作られた大和以外の船の紹介などもあります。

特徴ある煙突は赤城だね

大型の展示物としては。
回天や零式や、大和の主砲の46センチ砲弾などが展示されていました。

潜水艦も呉で作られました

展示物だけをさっと見ていけば30分もあればすべて見られますが。

なんか知らん潜水艇

要所要所で資料VTRが流されておりまして。
全部ゆっくりと見ていけば。
結構たっぷり時間をかけることもできます。

ゼロ戦

資料の中には。
現在の、海底にある大和の様子がわかるものもありまして。

大型展示室

海底の大和は。
最後の爆発がすさまじかったため。
ばらばらになって沈んでいました。

あたしはこれを見てショックを受けました。

こんなにばらばらでは。
宇宙戦艦に改造できんがーっ!

みみさんが広島宮島に旅した旅行記:目次

☆ ←#03 ベッセルホテル福山の無料朝食バイキングに戻る
☆ #05 呉艦船めぐりで護衛艦加賀を間近に見るに続く→




0 件のコメント :

コメントを投稿