2016年11月27日日曜日

八麺山/日進:巨大なティーカップで食べるラーメン:グルメレポート



1、昼食はラーメン
2、八麵山
3、ティーカップで頂くラーメン


お昼ごはんを食べに。
軽くうどんを食べましょうということになり。

讃岐うどんのセミセルフチェーン店でも行きましょうか。

チェーン店といえど、申し分ないクオリティのうどんですからね。
さらには、おにぎりやお稲荷さん。
炭水化物。

そして揚げたてのてんぷら。
揚げ物。

サイドオーダーも充実だしな。

車をうどん屋さんの駐車場に入れようとしたら。

店の手前に小さなお店。
白い縦長の看板に筆文字で。

金二万

店名と。
名古屋、豚骨ラーメン専門店の文字が。

気づいたら、店の前の駐車場に車を停めていました。


国道153号線。
梅森西の交差点から北へ。
本郷方面に向かって一つ目の信号の手前。

左手にお店はあります。

八麺山。

豚骨はいいね
店内に入れば、正面にカウンター席。
右手にはテーブル席。

このテーブルの有る空間は、増築されたような造り。

テーブル席に座れば。
窓の外には行こうとしていたうどん屋さん。
恨めしそうに建っています。

メニュー

メニューを見せてもらえば。
スープは四種類。

豚骨ラーメン。
豚骨味贈名古屋深味噌。
豚骨塩名古屋まろ汐。
そして、豚骨たまり醤油名古屋にぼし乃。

豚骨ラーメン専門店ですからね。
バリエーション展開しつつも、ベースは豚骨。
店長のこだわりでしょう。

知らないけど。

「名古屋」が気になるね。

トッピングは乗せもの

深味噌が一番人気らしいので。
それを頂きます。

そしてもうひとつは。

基本の豚骨ラーメンにしとこうかと思いましたが。

にぼし乃が数量限定ですとか。
そのうえ期間も限定ですとか。
「にぼし」ってくらいですから。
豚骨アンド魚介出汁なんでしょうね。

ではそれを頂きましょう。

餃子も欲しいねぇ

「乃」がわからんけど。


開店直後の入店で。
あたしたちの他には先に一人だけ。

なのですぐにやってきたラーメン。
テーブルに運ばれた器を見れば。

深味噌

ティーカップだがねー。
あるいはコーヒーカップ。

ラーメンが巨大な白いカップに入って。
テーブルの上に直接置かれるなんて野暮なことはなく。
ソーサーに乗って。

にぼし乃

さらに、スープを飲むのはレンゲではなく。
ティースプーンだ。

カップに合った巨大な大きさのティースプーン。
これはびっくりだ~。

普通にカレーとかのスプーンのサイズだが。

スプーンで飲むスープ

でも、器で驚かすだけのお店ではなく。
おいしいラーメンをいただけます。

深味噌は細麺

深味噌はピリ辛系の味噌ではなく。
普通の味噌。

チャーシューの他にひき肉が乗ってて。
味噌ラーメンらしいフオルムであります。

うまいラーメン

味噌が前面に出ることがないように調合されたそうで。

味噌の後に豚骨の味がやってくるとか、その逆ではなく。
一体感といった感じでしょうか?

サッポロとかの味噌味とはぜんぜん違う。
豚骨が味噌の尖り感を抑えてるのかな?

にぼし乃は太麺

にぼし乃は、やはり魚介系の出汁が強力。

強力な出汁が楽しい

豚と魚ですから、合わなそうな取り合わせですが。
そんなことはなく。
とろりとしたスープがおいしい。

ぶ厚いチャーシュー

にぼし乃の麺だけは他の三種類とは麺が違うようで。
替え玉できないようです。

餃子頼みました

ちょっとお腹に余裕があったから。
替え玉できたらよかったけど。
無いもんはしかたない。

エビの具とは珍しい

ちなみにこのどんぶりカップ。
取っ手を持って持ち上げるには、ちょっとバランス悪くて重い。

コーヒー風に

ダバダー、とか言いながら。
気取ってスープを飲むときは気をつけて。






0 件のコメント :

コメントを投稿