2016年10月25日火曜日

大井港かごや丸でスルメイカ釣りに行ったのだが 前編


1、一年空けてのスルメイカ釣り
2、大井港から出航
3、今日はダメなのか?



冷凍庫を開けてみたら。

スルメイカが無いっ!

かごや丸でスルメイカ釣りに行って。
船上で開いて干したやつ。

いわゆる、スルメイカの沖干し。

あたしが釣ったスルメイカ

あぶって、マヨネーズ一味醤油を付ければ。
めっちやうまい。

釣りモノの中で一番うまい

ビールのおつまみに最適。

釣りたて生きてるのを。
自分でさばいて。
即干しますから。

船上で捌く

旨味が市販のとは全然違う。

なのに、冷凍庫にストックがない~。
去年行かんかったからなぁ。

梅雨明け宣言後の東海地方ですが。
あたしの休みとお天気がうまくかみ合わず。

雨でもスルメイカ釣りはできるけど。
晴れてないと沖干しはできんもん。

ようやく晴れの休日がやってきまして。
大井漁港、かごや丸でスルメイカ釣りに行きます。


出航時間は午前五時。

大井漁港の半田側の狭い通路から入って。
案内看板の通りに車を進めれば集合場所。

少し早目の到着で。
準備をして待っていれば。

かごやさんの軽トラが到着。

受付を済ませて。
機材を持って乗船。

人気のかごや丸さんのスルメイカ釣りですが。
この日に乗船したのはたったの7人。

土曜日なのに、超好コンディション。
平日よりもお客は少ないかも。

これはゆったり釣りができそうです。
人が多いと、隣との距離が近く。
オマツリとか気になりますからねえ。

夜明けの大井港

出航を待つまでの間。
飲んでおきます、酔い止め薬。

酔ってからでも効くらしい

フグでは釣りにならんくらい酔ったもんねえ。
こんなものに頼らなければならないとは。
あたしも落ちぶれたもんだ。

きれいな朝日でよい予感

ポイントはご存じ大山沖。

大井港からはポイントまで二時間ぐらいの航海。


ポイントに到着したらしく。
エンジンがスローになりました。

スルメイカの群れを探すため。
ゆっくり船を動かして探っているんでしょう。

投入の合図があるまでに仕掛けの準備をしておきます。

受付時に買うこともできます

市販のプラツノ仕掛け。
おもりは200号。

ちよつとした鈍器。

イシグロのスピードダイブシンカー

30分ほど探ってから投入の合図。
220メートル。

深いね。

これがほんとの満を持している状態

ヒラメの時に電動リールが巻き上げないトラブルがありましたから。
今日は事前に釣具屋さんでチェックしてもらってます。
200メートルからの手巻きは厳しいからねえ。

リールのカウンターが200を指す頃。
サミングしながらややゆっくり指示タナ+10ぐらいへ落とします。

そこからシャクリ開始。
170くらいまで巻き上げるも乗らず。

再度タナまで落として挑戦しますが。
これも乗らずに、仕掛け回収の指示。

また30分ぐらい移動して投入しましたが。
これまた空振りです。

あたしだけでなく、船中一杯も上がらず。

どうもこのあたりはよくないらしく。
一時間ほど移動しますとのこと。

今日はダメな日かなぁ?
せっかくの少ない人数で快適な釣り日和なのになぁ。

大井港かごや丸でスルメイカ釣りに行ったのだが 後編





0 件のコメント :

コメントを投稿