2016年8月20日土曜日

#03 セントレアから那覇空港への夜間飛行:沖縄座間味の旅


1、いよいよ出発
2、暮れなずむ夜間飛行
3、那霸空港到看



出発まで搭乗口ゲートで待ち。
時間になったら機内へ乗り込みます。

夕暮れの搭乗口ロビー

平日の最終便ですから。
じやっかんの空席はあるようです。

ボーディングブリッジを通って機内へ

あたしたちに割り当てられた席は、非常口のひとつ前の席です。

余裕のある機内

三席並びで、窓側によその人が後からやってきて。

客室乗務員がドアモードをアームドにしましたので。
周りの空席状況を見れば。

一つ後ろの非常ロ席が空いているねぇ。

客室乗務員に頼んで、非常ロ席に変えてもらいました。

なんといってもあたしたち。
非常ロ席マスターと言っていいほど非常ロ席経験値が高いので。

手荷物はすべて荷物入れに収納して着席。

非常口席用の説明書

非常ロ操作の練習をしたかったけど。
すでに動き出していたので、レバーを引くのはやめておきました。


日が暮れて。
辺りはすっかり暗くなったころの出発ですが。
上空にのぼれば、西の方向はまだ明るいね。

中部国際空港を離陸

すぐに真っ暗になって。
満天の星空の中を飛行するんだろうとワクワクしてましたが。

いつまでたっても地平線はうっすら明るいまま。

いつまでも明るい水平線

南西方向への飛行ですから。
地球の自転速度とつりあって、いつまでも暗くならないのでしようなぁ。

知らないけど。

機内サービスはいつものようにドリンクのみ。
セントレアの豆天狗で高山ラーメンを食べてきたので。
ひもじくはないのだ。

いつものいただきます

あたしは例によって。

スカイタイム。

反対側はJALのマーク

今回もキウイ味。
甘酸っぱくてさっぱりしておいしいねぇ。

冷たい飲み物が気持ちいい

飲み物を飲み終えれば。
いつもの沖縄なら、興奮で目がパッチリなんですけど。

今日は一日仕事をして。
薄暗い機内と、暗い窓の外で。

いつの間にか眠ってしまってました。


着陸態勢に入り。
シートベルト着用のサインで起こされれば。

窓の外はもう沖縄の街灯りが見えます。

那覇空港にタッチダウン

無事着陸し。
機内からボーディングブリッジにでれば。

暑いが~。

これはたまらん暑さだ

想像はしてたけど。
夜だからいくらか暑さも和らいでいるだろうと思ったけど。
これはたまらん。

いつになく人気のない出発ロビー

冷房が効いた出発ロビーを通り。
手荷物を受け取って外へ。

さらに暑い~。

旅が終わるまでこの暑さに耐えられるか?

みみさんが沖縄座間味で遊んだ旅行記:目次

☆ ←#02 高山ラーメン豆天狗で中部国際空港のタ食に戻る
☆ #04 オリックスレンタカーで夜の那覇へに続く→





0 件のコメント :

コメントを投稿