2016年5月29日日曜日

#12 鶯鳴く庭の朝食はかいひん荘:シラスだらけの鎌倉旅



1、鶯に起こされる
2、旅館の朝食
3、出発



きっと朝日がまぶしくて。
日の出の時間には窓の明るさで起こされるだろうなぁ。

明るい窓のベッドルーム

ベッドルームの壁二面が。
広い窓ですからねぇ。

そんな心配してたんですけど。
全然そんなことはなく。
鎌倉の街を一日歩きっばなしで疲れてたので。
朝までぐっすり。

窓の外の庭では。
鶯の鳴き声。

優しく起こされました。

風流な宿だねぇ。

庭の木をじっと眺めてみましたが。
鶯の姿は見つけられず。

録音だったのかもしれない。


朝食は8時から。

すぐに遊びに出かけたいあたしは。
もっと早い時間に食べたいなぁ。
8時とはずいぶん遅いなぁ。

と思いましたけど。
鶯に起こされるまでずっと寝てまして。

起きたらもう8時ちょっと前。
急いで朝食会場へ。

朝食は、部屋でなく。
一階の広間。
昨日、披露宴をやってたところね。

そこにテーブルが置かれ。
朝食が用意されています。

朝食らしいラインナップ

おひつは、小さめのでして。
あたしたちには足りるかなぁ?

いい焼き加減

焼き魚は、鯵の干物。
旅館朝食の定番のようなイメージがありますが。
実際にアジの干物を朝食で食べる宿って少ない気がする。

鯵はいいよね~

ふっくら焼き上げられた鯵。
やっぱり朝ごはんに合いますよね。

甘くて黄色い卵焼き

そして、卵焼きと煮物。

あっさりしてそうでしょ

煮物は、サトイモやニンジン。
普通に薄味の煮物かと思いきや。
器の底に味噌があり。
しっかりした味で、白飯のおかずによいわ。

味噌味なのです

それから、やっばり出ました。
シラス。
ホウレンソウの上にオン。

ホウレンソウと合う

さすがにこのシラスの量では。
シラス丼にすることはできないねぇ。

アサリたっぷり

味噌汁は白みそで。
具はアサリ。

何杯でもイケます

おいしいおかずのラインナップで。
やっばりご飯は足りず。

空になったお櫃

おひつをおかわりしました。


朝食を終えたら、準備をして出発。

今日着る服をカバンから取り出して。
すでに着終った服をカバンにしまえば。

あれ~?
作務衣がないがね。

昨日の朝着てた作務衣

どうやら昨日の相鉄フレッサインで忘れてきたようだ。
電話をかけてみますと。

確認する間、電話料金がかかりますから折り返しかけなおしますと。
気遣いがうれしい対応をするスタッフですねぇ。

じゃらんnet提供
鎌倉観光拠点なら相鉄フレッサイン 藤沢駅南口

すぐに折り返しの電話があり。
たしかにありますと。

帰り道ですから取に行くことにしました。

風が強く寒い日になりました

そんなこともありながらの。
かいひん荘。
チェックアウトを済ませたら、出発です。

じゃらんnet提供
庭付きの部屋もステキなかいひん荘

みみさんがシラスだらけの鎌倉を訪れた旅行記:目次

☆ ←#11 かいひん荘のタ食は春の装いに戻る
☆ #13 江の島の参道はずっと食べ歩きに続く→





0 件のコメント :

コメントを投稿