2016年4月10日日曜日

小川屋/名東区:焼き立てのうな重をいただく昼食:グルメレポート




1、うなぎを食べに
2、小川屋
3、他で見ないかば焼き



何が食べたい?
って聞くと。
何でもいい。

必ずそう言う母親が。

珍しく。
ウナギが食べたいなあ。
言いますもんですから。

うなぎはうまいよね

ウナギかぁ。
ちょっと高いがな。
とか思いながらも。

おうちの近所でどこかないかなと探してみました。


以前行った、なまず屋さん。
けっこうおいしかったね。

他にも二件ぐらい心当たりはありまして。

名東本通に鰻屋さんがあるはずよ。
前からちょっと気になっていまして。

高価な鰻ですから。
初めてのお店で失敗するのは怖いけど。

ウナギだもん。
まずいというレベルまでロに合わないことはなかろうと。

行ってみることにしました。

車で店の前に行けば。

看板が目印

小川屋。

そういう名前でした。

店の前で待ちます

11時ちょっと過ぎに到着しまして。
営業時間が11時半から。

20分ぐらい待ちます。

駐車場は通り側と。
裏手にもあるようです。

裏手の駐車場

あたしは表に車を停めて待ちました。


時間になると。
のれんを出しに店員さんが出てきまして。

あたしたちを客席に案内してくれました。

お品書き

メニューを見ますと。
鰻類のみ。

鰻だらけ

その中から、うな重を注文しますと。

お吸い物は、肝吸いとそうでないのが選べます。
そうでないのはエビだったかなあ?
忘れちやったい。

せっかくなので。
肝吸いの方にしました。

少し待ちますと。
うな重がやってきました。

うな重と肝吸い

ふたをとれば。

むむむっ?

鰻だよ~

なんか色が薄いぞ。
味も薄いのか?

そう思いながら、ー切れお口に運びますと。
いわゆる表面サクっと。
中はふっくら。
ですが。

ひつまぶしとはチガウうなぎ感

サックリ感はほどほどに抑えられています。

気になってた味はというと。
見た目通り。
薄ロではありますが。

一口目の最もおいしいうなぎ

うっすいなあ、というほどではなく。
タレの味がしっかりと。
鰻に焼き付けられています。

肝吸い

ご飯にしみるタレも丁度良い量。

それよりも。
このウナギの味がね。

おいしいうれしいうなぎ

薄ロのタレなもんですから。
鰻自体の味が、とてもよくわかるんです。

最初、普通にウナギのかば焼きの味がして。
そのうちおロの中で、鰻本来の味がにじみ出てくるって感じ。

山椒で

鰻でこんな感想を持ったの初めてだわ。
これはまた行くねえ。

大きな肝

さらに、肝吸いの肝。
よそのよりも大ぶりな気がしましたが。

あっと言いう間の完食

それもまたうれしい。





0 件のコメント :

コメントを投稿