2015年9月12日土曜日

大周屋/千代保稲荷:参道でナマズを食べる:グルメレポート




1、お千代保稲荷名物
2、川魚料理屋さんに
3、ナマズを食べる



またお千代保稲荷に行ってきまして。

お千代保さん参拝

お昼ご飯を門前街で食べます。

お千代保稲荷。
稲荷と言いますけども。

稲荷ずしってあんまり食べさせてくれるお店は無くて。

なんと言ってもここの名物は。
串カツ。

以前にも串かつ屋さんに食べに行きましたがね。


その他だと。
川魚料理のお店が目立ちます。

この季節だと、アユとかかな。
夏だし。
ウナギもいいかな。


そんな中。

どこに入ろうか。
何を食べようか迷ってまして。

ちょっといい雰囲気のお店を選んだんですが。

そっこは満員でして。
待ってまで食べたいというほどではなかったので。

次の川魚料理屋さんに入ることにしました。

大周屋さん。

店先のつくだ煮も買いました

ショーウィンドウのサンプルには。
鰻があったんですが。

ウナギは高いのう

それよりも目を引いたのが。

ナマズ。

それはなかなか食べられないよね。

他の店でも、ナマズという文字や。
サンプルを目にしましたので。
気にはなってたんですよ。

大周屋さんに有るのなら。
すいてるし、ここに入りましょう。

ということになりました。


店内のメニュー。
ナマズが書いてないのよね。

ナマズが無いねぇ

店員さんに聞いてみましたら。
ありますって。

定食にすると。
ご飯とみそ汁と小鉢と鯉の刺身が付きますので。
それにしました。

大中小とナマズのサイズがあって。
お値段が違います。

小にしました。

店内の様子

まさかね。
生きたままの鯰の在庫があって。
捌く所から料理するわけではないでしょうね。

だって、わりと早く出てきたもん。

やってきたナマズ

なんか。
でかいホッケみたいな形に開かれたナマズ。

ホッケと違うのは、タレがたっぷりかかってるの。

鰻と同じタレかしらね?

ウナギも注文したのです

食べてみますと。
ちょっと川魚独特のくさみ。

と思いましたが。
二口目からは全くくさみは感じなくなりました。

一口目は気のせいだったか?

ナマズを食べるということで、錯覚したんでしょう。

身が柔らかいのよ

ウナギよりもたっぷりタレがかかっていますので。
ご飯がすすみます。

定食はこれが付く

小ナマズだからでしょうかね?
食べる所は見た目よりも少ないんですね。

鯉も全く臭みが無くておいしかった

あんまりナマズを注文する人は多くないでしょう。
と思いましたが。

けっこう皆さん食べるみたいで。

あたしたちの後からやってきた数組の人。
単品で注文してました。

茄子の煮浸し

って聞こえましたので、帰りがけにちらっと見てみますと。

食べごたえがあっておいしそうでしたねぇ。





2 件のコメント :

  1. さすが愛知県ですね(^_^)v
    鯉のお刺身も…
    八丁味噌&酢&砂糖&ほか…もろもろ…で…
    味付けして食べますね~。
    だって青森市のスーパーで…
    コーミソースって…見たことないですもん…
    ところ変わればって…ほんと肌で感じました…
    岡崎に住んでましたから(笑)
    なまずって…小さな頃から食べてましたよ♪
    今は鰻の代用品にありつつありますけど…
    個人的に無いと思います(笑)
    なまずはなまずです(^_^)v



    返信削除
    返信
    1. コメント、ありがとうございました。

      鯰って、日常的に食べられるわけではなくて。
      お千代保さんに行けば食べられる。
      というご当地グルメ的なものでして。
      今のところ街中で、ナマズを出す店は皆無です。

      削除