2015年8月23日日曜日

#13 水納島のビーチを満喫するならこれだ:ビーチ遊びの沖縄旅



1、レンタル機材
2、水納島でのスノーケリング
3、強烈な流れ



船を降りてすぐのところ。
ビーチの入り口に、パラソルや浮き具などのレンタル。
マリンアクティビティの受付小屋があります。

水納島のビーチ

どうやら、三軒並んでるみたい。
どこも同じ値段のようです。

お好きな三点セットが2000円。

なので。
パラソル一本とチェアを二つ。
お願いすることにしました。

やっすいわぁ。

借りたい人で行列するっていううわさを聞きましたが。
そんなことはなく。
待たずにスムーズに借りられました。

伊江島をバックのみみさん

ちなみに、チェアを借りますけど。
ほとんど海に入ってますから。
チェアで寝ることは全く無くて。
たいてい荷物置きになってますけどね。

準備して。
さっそくスノーケリングに行きます。

地上から見た感じでは。
あんまり根のような影は無いので。

魚は期待できないかなぁと思いましたの。

けど、広いビーチなのでゆっくり探して泳ぎましょう。

このビーチ。
手前のほうはやっぱり砂底でして。
あんまり魚はいませんねぇ。

イラブーがいました

時々タマンエーグヮーなんかがやってきますけど。
明るいグレー系の魚ですから。

大型の魚

渡嘉敷や座間味の人に慣れた黄色いのなんかはいませんねぇ。
クマノミ系も見つけられんかった。

海に向かって左に防波堤のような石積みがありまして。
そこに行ってみましたら。

この石積みに魚が付いてます

その辺はタマンのような大型の魚は少なくて。
南の海っぽいのがちょっといました。

石の隙間に小さいのが

でも水がやや濁ってるのよね。


この海。

岸近くは何ともないですが。
遊泳区域の最も沖では左からかなり強烈な流れがありました。

流れに逆らって泳ぐことは無理です。

だもんですから。
あたしたちは、岸を歩いて最も左の防波堤風な石積みまで行って。
そこから海に入ります。

はるばるここまで岸を歩いてきます

石積みの魚をちょっと観察したら。
沖に向かって泳ぎます。

小型のサンゴについてる小魚

すぐに流れに捕まりますので。
逆らわずに流されて。

遊泳区域の最も右端でエキジット。

そんな遊び方を繰り返す。
ドリフトで楽しみました。

水納島のみみさん

遊泳区域はロープが張ってありますから。
右はじでロープにつかまれば岸に帰ることができます。

失敗すると、どこか遠くに流されるかも。
運よく本島に流れつければラッキーかもね。

なので、ここで泳ぐ際はお気を付けください。

でもね、それだけ強い流れだもんですから。
濁りが全くないの。

水がきれいなんだよね

透明度がとても高いのよ。
人が巻き揚げた砂もあっという間に流されてくから。

水納島を楽しむみみさん

わさび農場の水くらいきれいでした。

それが水納島での魅力。

みみさん、ビーチ遊びの沖縄に行く旅行記:目次

☆ ←#12 那覇から水納島への行き方に戻る
☆ #14 水納島でランチならここがおすすめに続く→






2 件のコメント :

  1. あっ人魚が‼(笑)

    ん?みみさんの奥様っすね(^_^)v

    あれ?だつ…いましまよね?
    ウミヘビも…
    しかしみみさんの…
    ラッシュガード姿が…(笑)
    奥様はステキ~♪

    返信削除
    返信
    1. コメント、ありがとうございます。

      それはね。
      体型を隠したいお年頃だからなのです。
      日焼けをするとシミになるお年頃だからなのです。

      削除