2015年7月8日水曜日

酢屋長/長谷寺:参道で食べる奈良の旨いもん:グルメレポート




1、長谷寺参拝後
2、昼食はそうめん
3、酢屋長のそうめん



アジサイを見に長谷寺まで行きまして。

長谷寺の紫陽花

広い境内はアジサイの他にも見どころいっぱいで。
撮影しながらじっくりと見せてもらいました。

でも、まだお昼ご飯にはちょっと早い。
それにカレーの朝食も遅めだったし。

でもねぇ。
せっかくなんで、この辺で何か食べていきましょう。

長谷寺の参道には、お土産屋さんや飲食店が何軒かあります。

軽く楽しげな参道

どこで食べましょうか?

猫が呼び込む店もある

店先を眺めて歩きますと。
ヨモギがペースト状になってて。
臼も置いてあるという。
なんともおいしそうなヨモギ餅屋さんや。

店先にヨモギ

奈良漬や、三輪そうめんのお店もありました。


奈良にうまいもんなし。
とよく聞きますが。

そうめんは好きだな~。
旨いよな~。

三輪そうめんと言えば、奈良の有名な素麺ね。

じゃぁ、お昼ご飯はそうめんに決まりだね。

それと、柿の葉寿司。

これをそうめんと一緒に食べたなら、合うよね~。

というわけで。
素麺と柿の葉寿司がセットになっているお店を探しますと。

道の向こうは長谷寺

もうすぐ道を渡れば長谷寺の境内。
という所にあるお店にセットがありました。

かどの酢屋長さん

ふる里って言うセット。

これはうれしいセット

にゅうめんでもいいらしいが。
やっぱり冷たいのが好き。


細い素麺ですから。
すぐに茹であがります。

それに柿の葉寿司は、すでにできてるはずよ。

店内の様子

なので、注文したらすぐにやってきました。

ふる里セット

来たね~。

このそうめんの清涼感。

涼しげ~

好きだ~。

冷麦だって、太さが違うだけで。
同じようなもんだって気がしますが。

ぜんぜん違うよね。

素麺のほうがずっと好きだ~。

薬味は、ネギとワサビ。
生姜じゃないのね。

麺つゆに漬けていただきます。

そうめんとみみさん

コレだね。
そうめんの食感。

細いくせに、歯ごたえがしっかりあって。
噛み切ると、口の中で暴れるね。

いいぞ、そうめんっ!

錦糸卵とそうめん

ツユは、甘さ控えめ。

ワサビはつゆに溶かしたけど。
あんまり良くわからんかった。

蕎麦みたいに、ワサビを乗せて食べにくいからな。

そして柿の葉寿司。

柿の葉にくるまれて

しめサバなんてさぁ。
昔はちっともおいしいと感じなかったのよね。

むしろ嫌いだったんだわ。
生臭い。
そして酢が生臭さを強めるし。

でも今はね。
おいしく食べられるねぇ。

柿の葉はむいて食べます。

しめサバのお寿司

中に入ってるお寿司が、小さくてかわいい。

柿の葉寿司とみみさん

しめサバと酢飯。
酢かぶりですが、そうめんのサイドとして、とてもよく合います。





0 件のコメント :

コメントを投稿