2015年1月14日水曜日

赤福/おはらい町:超穴場で赤福ぜんざいをゆったり:グルメレポート





1、満席の赤福
2、赤福の穴場
3、赤福ぜんざい



好きな伊勢うどんを食べ終わったけど。

まだおなかに余裕があります。
食べ歩きしたいところですが、相変わらずどこも人でいっぱい。

この時期。
赤福はぜんざいを出します。

それは、食後のデザートにいいじゃないの。

おかげ横丁入口にある。
赤福本店に行きました。

その名もあかふくぜんざい

でもね。
ここもやっぱりものすごい人だった。

食べるところ。
特にテーブル席ではなく。

時代劇の茶店のような席。
これが、いっぱいあるんですが。

すべてうまってる、満席。

満席っていうか、隙間なし。

ものすごい人たち

鋭い観察力で。
狙いを定めて。
空いた場所に座りました。

そして、レジで注文します。

「赤福ぜんざいください」
「20分ほどお待ちいただきますが」
「じゃぁいいです」

やめちゃった。


内宮の、鳥居の手前にも赤福の店舗はあります。
内宮前支店。

でも、そこも結構な人でした。
しかも、あんまり広くないし。

どうしても、赤福が食べたい~。
そんな時おすすめなのが。

五十鈴川店。

五十鈴川店

はっきり言って穴場。

教えたくない。

おはらい町を北のはずれまで行って。
市営駐車場の中にあります。

ゆったり

少し歩かにゃならんけど。
せっまい店内で、20分も待つくらいなら。
行ったほうがおすすめ。

店員さんも余裕がある

ゆったりテーブル席もあるし。

空いてるテーブル席

途中には、何軒もおみやげ屋さんがあるから。
そんなに距離は気にならんよ。

車で来た人が、市営駐車場に停めたのなら。
絶対ここにすべき。

どうしても本店じゃなきゃいやだ~。
っていう人以外。


赤福氷ってご存知?


宇治のかき氷に赤福餅がトッピングされてるの。

赤福ぜんざいもそんな感じかしらん?

普通のぜんざい

いえね。
そうではなくて、普通にぜんざいです。

食券

薄い焼き餅が2枚。
なぜか片面焼。

赤福ぜんざい

あま~い、ぜんざいに浮かんでいます。

餅が二枚

ぜんざいね。
甘いよ。

赤福ぜんざいを食べるみみさん

たっぷり小豆の粒々入りで。
おいしいけどね。

甘いよ。

餅を食べるみみさん

突合せに、塩昆布小梅が付きますので。

おいしい赤福ぜんざい

最後に食べるもよし。
いい配分で、ぜんざいとの間に食べるもよし。

塩こんぶ

みみさん、塩昆布の配分を間違え。

最後に小梅を食べるタイミングにも失敗しました。

小梅

ちっきしょ~っ!







伊勢のお泊りはこちら

0 件のコメント :

コメントを投稿