2014年11月24日月曜日

LANCIA Y ランチア イプシロン ラストラン 後編




1、ランチアの思い出
2、ラストラン



どこの車屋さんに行っても、この走行距離には驚かれましたね。

驚きの距離

下取りの査定しましょう。
言われましたけど。

どうせ値が付かないからいいです。
って言ってるのに。

一応念のため、査定してみるだけですから。
って、見られて。

やっぱり0円。

20万も走っているとは思いませんでした。

言われますねぇ。

今日でお別れ

新車で買って。
長距離旅行にいっぱい出かけましたから。

東北、四国、九州。
どこに行くにも一緒だったねぇ。

高速道路、千円の時に東北。
岩手、秋田、宮城。


年末の賞金王を見に、福岡へ。

福岡を運転するみみさん

四国遍路は、区切り打ちで二回廻ったね。

熊谷寺かな?

事故もなく。
電気系統が不安なイタリア車にしては。
大きな故障もなく。

いい子だったねぇ。


捕まったけど。


そんな愛車ですから。

ラストランしてあげないとね。
信州におそばでも食べに行きましょう。

という計画もありましたが。
その週は雨になっちゃったので、お千代保稲荷に軽く行ったの。
それが納車の前の週。

納車の日。
車屋さんに行く前に。

紅葉と撮りたかった

牧野ヶ池にちょっと寄って。
写真を撮ってきました。

これが本当のラストラン。

夢を見たのは、このラストランの日。

ああ、そういうことか。

猫っぽい?

長い間乗ってた車ですから。
だれか住んでてくれたんだねぇ。

事故や故障しなかったところを見ると。
悪い系ではないようだねぇ。

守ってくれてたのかもね。

猫に見えたのは、あたしのイメージが貧困だったからだろうねぇ。

側面

だいたい、あたしにはその系の能力は一切無しですから。
視えないし、感じないし。

だけどそんな夢を見ちゃって。
そういうことかと気づいちゃったもんですから。

夢では、外に放しましたが。

納車の時には、イプシロンと新車を隣に並べて。
両方の車のドアやハッチを全開にして。

どうやら後ろにいてくれてたようです

もうこの車はこれでお別れですので。
よろしければこっちの車にお移りください。

心で語りかけてみました。

視えないので、移っていただけたかどうかはわかりません。

LANCIA Y ランチア イプシロン ラストラン 前編
ルノーキャプチャー ファーストインプレッション








0 件のコメント :

コメントを投稿