2014年10月11日土曜日

安田屋/笠松:味噌鍋だけではない天然鮎づくし会席:グルメレポート





1、三度目の訪問
2、鮎会席



地域の散歩番組。
笠松編だと必ず取り上げられるね。

お店の看板

なんといっても、味噌鍋がめっちゃおいしい。
濃い味噌スープに、牛ホルモンだったり。


ホタテだったり。


たっぷりの具材で。
極上の味噌鍋が堪能できます。

入り口

でも、今回は違うのよ。
鍋じゃないの。

アユ。

岐阜と言えば清流長良川。
長良川と言えば極上の鮎。

でしょう。

テーブルのセット

そういうわけで。
鮎づくしをいただきにやってきました。

天然鮎だそうです。

でも近くを流れるとるのは木曽川だがね~。


まず最初に、落花生豆腐。

イクラやジュレが乗ってます

いわゆるジーマミー豆腐だねぇ。

イクラも一緒に食べないと

なめらかな舌触り。
イクラの塩味でいただきます。

そして、真薯。
汁モンですな。

鮎が乗ってます

エビの香りのしんじょの上に、アユの片身が乗ってます。
鮎がねぇ。
乗ってるのが憎いね。

最初の鮎を食べるみみさん

そりゃ鮎会席だからさ。
鮎がうまいのはモチロンだけど。

このしんじょもかなりうまい。

ふっくらした食感。
お口に広がるお出汁の香りがいいのよ~。

鮎のお造り。

器もステキ

これなぁ。

今まで何回も食べたことのあるアユのお造り。
それとぜ~んぜん違います。

何が違うんだ?

まるで違う鮎の作り

口に含んだ時にはさっぱりしてるんだけど。
噛んで味わっていると、アユの香りと味がお口いっぱいに広がる。

その味がまた、上品で深いんだ。

これには驚いたわ。

酢味噌が合うね

酢味噌でもわさび醤油でもどっちもイイ。

交互に食べました。

そしていよいよ。

塩焼き。

盛夏の鮎ではありません

これだよね。
キングオブアユ料理。

塩焼きが最高ですね

ほんとはあたし、この塩焼きだけバリバリ食べられれば満足なのよ。
そのくらい好き。

破裂しないように切れ込み入り

この季節ですから。

かなり大ぶりで、子持ち。

スダチを軽く絞って

大きいので骨が気になるところですが。
いつもと同じように、尻尾がら丸かじり。

塩焼きを食べるみみさん

うまい~。

尻尾から食べてるので、徐々に卵の部分がやってくる。
ほろほろの食感もうれしい。

そして、魚田。

味噌がいい

焼いた鮎に、田楽味噌をつけてね。

味噌カツみたいなもん?

なにしろ味噌鍋で人気の安田屋さんですから。
このかかってる味噌も一味違います。
甘さは控えめで、コクのある味。

これも子持ち。
味噌と卵を絡めて。

うまい~。

さらに、アユがやってきますよ。

甘露煮。

狭い器に甘露煮

煮るよりも焼く方が好きなんですけどね。
と思いながら食べたら。

こりゃまたすごい。

普通の魚の煮つけよりも濃い味付け。
それが鮎の身によい味わいを加えます。

これも子持ち。
煮汁と卵を絡めて。

うまい~。

まだあります、アユ。

フライ。

頭は素揚げ

このアユをたっぷり食べた段階で揚げ物。
食べきれるか?

食べきれますね。

だっておいしいんだもん。

揚げたてサクッと。

鮎の身の香りを消さない。

塩でいただきます

食べたねぇ。

そして、締めのご飯もの。

アユ雑炊。

鮎の卵入り

見た目の薄い色からあっさり薄味かと。

思いましたがそんなことはなく。

お出汁の味がきいてて、アユをたっぷり堪能した後。
とてもいいわぁ。

中にはアユの卵がぶつ切りで混ぜられています。

雑炊ご飯の食感の中。
時々卵が混ざって楽しい。

うまいねぇ。

デザートは、パンナコッタ。

ブドウがうれしい

これには鮎が入ってはいない。









0 件のコメント :

コメントを投稿