2014年7月11日金曜日

#05 ジャッキーステーキハウスはテンダーロイン:沖縄・渡嘉敷2



1、ジャッキーステーキハウス
2、ステーキを食べる
3、ステーキに合う№1ソース





レンタカーオフィスのある豊崎から、那覇市内へ。
およそ15分。

ジャッキーの場所はこちら

広い道を通って行けます。
けど、お店は通りから入った狭い道。

アメリカ~ンな外観

ジャッキーの駐車場は、ギリギリ空いていました。

車を停めて、店内へ。

満席近く

人気店で、お昼時で、土曜日ですから。
並ぶかなあと心配しましたが。

待つことなく、席に着けました。

壁のサインとAサイン

お~。
ジャッキーの風景だ。
うれしい。

メニュー

注文は決まっています。
テンダーロインステーキ。

これがもう。
一番のおすすめ。

気になるメニューたち

ジャッキーには、気になるメニューがいくつもありますけど。
スキヤキとかチャップステーキとかポークトーフとか。

でもやっぱりここには、ステーキを食べたいから来るのですよ。

だもんですから。
ステーキ以外は、なかなか注文できん。

レトロな壁のメニューがいい

味噌汁が若干高いのが謎だ。


セットのスープとサラダがまずやってきます。

スープとサラダ

スープはやっぱりいつもの味。
片栗粉を溶いたような味ね。

胡椒を振る前

飲みにくかったら。
これに胡椒をちょっと振るといいですよ。
あたしはそうして飲みました。

スープを飲むみみさん

そして、ステーキの登場。
あたしの焼き加減はもちろんレア。

テンダーロインはレア

赤い~。

牛肉のたたきよりも火が通ってない。
表面をちょっと鉄板に触れさせただけ。
そんな焼き具合。

上等和牛のように霜降りではなく。
まっかっか。
赤身。

さっそくいただきます。

赤いね

ナイフはすっと通ります。
そして一口。

一口目

う~まい。

なんでだろうねぇ。
外国産赤身の牛肉。
柔らかくて。

そして、肉の深い味わい。
このうまさ。

力がつくんですって

沖縄に限らず。
どこのステーキ店で食べる赤身の肉よりも。
ここの赤身肉はうまい。

和牛和牛って、もったいぶってステーキを出すレストラン。
いくつかありますが。
そんな肉よりもよっぽどうまい。

沖縄で、けっこういろんなステーキ店に行ってますが。

やはりステーキ単体ではジャッキーが一番好きだ。

なにが違うんだろうねぇ。
部位?
熟成?


味付けはしてないから。
肉そのものがうまいんだろうねぇ。

ただ、高級霜降り肉とは別の食べ物ですけどね。

付け合わせはシンプル。
玉ねぎとポテト。

付け合わせ

玉ねぎの焼き具合も、若干レア。
ピリッとする辛みが、また肉を食べたくさせます。

あたしはこれが好き

通な人は、塩コショウで食べるんでしょうが。
あたしは№1ソースをちょっとつけて食べるのが好きです。

№1ソース

A1ソースはステーキ店でよく置いてありますが。
あたしは№1ソースのほうが好きです。

これが好き

うまかった~。

ソースで肉を食べるみみさん

食べているうちに。
入り口付近では、空席待ちの人で混雑してきました。

入り口付近

地元4割、観光客6割ぐらい。
知らないけど。

外から混み具合がわかります

待たずに食べられて良かった。


A1ソース


ドリーム NO.1ステーキソース


☆ ←#04 レンタカーを借りて那覇でランチに戻る
☆ #06 那覇から首里城への行き方と駐車場に続く→







0 件のコメント :

コメントを投稿