2014年5月28日水曜日

#17 信州だらけの湯田中温泉よろづや夕食:北陸・長野 出湯の旅



1、夕食はお食事会場で
2、夕食は信州の山の幸を堪能





この宿も、夕食はお食事どころで。

エレベータの案内

三階の「蓬莱」。


この右に蓬莱

ちょっとアンティークな内装の食事処。

入り口には着物が

テーブル席に通されました。

椅子の背もたれには。
ひざかけがかけてあります。

椅子にひざ掛け

もう初夏とはいえ。
信州だ。

周りの山々は、雪が積もってる。
まだ桜が咲いている。

桜の季節

朝晩はちょっと小寒いかも。

そんなときのために。
ひざかけはうれしいよね。

あたしは浴衣一枚で。
前がはだけてても平気だったけど。


信州ですから。

お品書き

前の晩の芦原温泉。
海の幸とは違います。

山の幸がメイン。
雪国らしく。
濃い味付けが食欲をそそります。

知らないけど。

食前酒。
リンゴ酒。
梅酒かなと思って飲んだら。
白ワインみたいな味で驚いた。

リンゴ酒

さっぱりおいしい。

そして前菜。
錦玉子。
エノキの豆腐。
アマゴの甘露煮。
ヒラタケの酒盗和え。
笹寿司。

前菜盛り

これらは、最初からテーブルにセットされてます。

前菜を食べるみみさん

細かいものがいっぱい乗ってるのは楽しいねぇ。

笹寿司

煮たシイタケと錦糸卵の笹寿司。
甘い具がおいしい。

いきなりご飯もの

夕食が始まってすぐ。
お吸い物がやってきます。

お吸い物

うぐいす仕立て。
緑色だからうぐいす。

しんじょ

具は、白身魚とワカメのしんじょ。
梅肉が乗ってます。


信州ですけどね。
お造りがやってきました。

お造り

カンパチと鱒とエビ。

カンパチを食べるみみさん

カンパチは、普通にお刺身。
エビは、湯通ししてあるのかな。

海老

そして
これうまい~。

マスの刺身

生の刺身よりも、見た目には水分が少ないようなので。
ひと仕事してあるんでしょうね。
すごくおいしいのよ。
これはよかった。

お凌ぎ。
信州そば。

お蕎麦

手打ち。
蕎麦好きだ~。


うれしいみみさん

冷たいそばにふきのとうのてんぷら。

ふきのとうのてんぷら
もっと食べたいねぇ。


焼きもの。
ニジマスの塩焼き。

炭火でやってきます

お~。

山の幸だ~。
炭で持ってきてくれるのよ。

すでにいい感じで焼けてるから。
冷めないように。
ありがたい。

ニジマスを食べるみみさん

塩加減もちょうどよく。

お肉料理。
信州牛巻き温泉蒸し。
巻かれているのは。
ごぼう、長芋、エノキ。

蒸す前

温泉水で蒸します。

蒸しあがったお肉。
おいしそうだぁ。

蒸しあがり

ポン酢でいただく。
熱々。
うまい~。

地の黒いヤツに合う~。

志賀高原

炊き合わせ。
芋と筍と豆腐。

炊き合わせ

乗ってる味噌。
鹿肉味噌なんだって。

あんだーす、みたいなもんでしょうか?

これも熱々でいただけます。

そして締め。
ご飯。

ご飯セット

漬物が野沢菜。
これも好き。
信州来たらね。
野沢菜を食べないとね。

野沢菜

そして、牛しぐれ煮。

あ~。
これうまい~。

これだけでも夕飯オッケーなくらい。

汁物は、信州味噌の味噌汁。

デザートはシャーベット。
選べます。

リンゴ、牛乳、パイン。

「信州リンゴ?」
って聞いたら。
「そうです」
って。

リンゴのシャーベット

「信州ミルク」
って聞いたら。
「そうです」
って。

パインは、聞く前から。
「それは信州ではありません」
言われましたので。

リンゴと牛乳のをいただきました。

うん。

満足。

じゃらんnet提供





    信州湯田中温泉 よろづやの情報はこちら


☆ #16 湯田中温泉観光と大湯とに戻る
☆ #18 温泉玉子が湯田中温泉よろづや朝食に続く



みみさん 北陸・長野 出湯の旅に行く:目次



0 件のコメント :

コメントを投稿