2014年4月3日木曜日

ホワイト餃子/植田餃子店:側面と底面は白い:グルメレポート





1、不思議な餃子チェーン
2、アクセス
3、オーダー
4、カリットギョウザ
5、気になったメニュー



なんか不思議なチェーン展開の餃子屋さんですよね。

餃子屋さん

小金陸橋のところにも同じ餃子を出すお店があります。
だけど店名が違う。
以前はこことおんなじ名前だったのに。

本部っぽいサイトで、店舗検索しても。
今回行ったところは掲載があるけど。
小金のは載ってない。

不思議だ。


八事にお墓参りに行ってきまして。

お彼岸すぎましたけど。

その帰りに、どっかで夕食でも。
ということで、ここに行くことになったんです。

県道59号線を南下。

植田西交差点を超えたところにあるカレー屋さん。
その次の角を左に入るとあります。

白地に赤枠、黒い太字の看板。

ホワイト餃子。

店舗前に数台。
向かい側などにも駐車場があります。

店舗前の駐車場

店舗前の駐車場は、車の下をこするから。
店舗前でないところに停めることをお勧めしますよ。


餃子専門店ですからね。

メニューは餃子ばっか。

メニュー

焼餃子・拌餃子・蒸餃子。

はわかるけどな。
ってなに?

あとは、サラダとライス。

平日は飲み物全品半額
時間制限はなさそうなので。
これはうれしいよね。

これはうれしい

で、注文したのは。

焼き餃子。
そりゃ頼むよね。

20個にしました。

サラダもほしいので。

おすすめの棒棒鶏サラダもいただきました。


お持ち帰りの冷凍ギョウザもありまして。
テーブルには焼き方が写真付きで書いてあります。

焼きは20分

作るのに、20分もかかるんだ~。

ということは。
あたしたちの注文したギョウザ。

出るのに20分もかかるんかしらん?

というようなことはなく。

待ったわ~
と感じない程度の時間でやってきました。

でかい餃子

でかい。
一粒一粒が、お稲荷さんぐらいある。
そして、包み方が普通じゃない。

包み方が違うね

ギョウザっていうより
小龍包?

茶色いね。

真ん中からいただきます。

側面と下面は白いね。

白い側面

焼く、というより揚げるに近い調理法らしい。
だから、茶色い部分はカリッカリ。

あ~、香ばしい。
おいしい~。

白い部分は、もっちもちの食感。
カリットもっちもちとのコントラストがいい。

餡の材料は一般的な具なのかな?

熱い餡

フォルムがなんか小龍包みたいでしょ。
中からじゅわっと肉汁が出るか。
と思ったけど。
そんなことはなく。

小龍包の様な包み方

普通に熱い餡を、おいしく食べました。

餡にはにんにくが使われていないようですね。
次の日安心。


棒棒鶏サラダ。

棒棒鶏サラダ

ざくぎりのキャベツがベースで。
蒸した鶏肉が乗ってます。

この鶏肉がね。
なんか違うんだ。

おいしい鶏肉

柔らかい。

ふわふわといってもいいくらいの食感。

ドレッシングは胡麻かな?
しつこくないやつ。

棒棒鶏サラダとみみさん

ギョウザで脂っこくなったお口の中。

サラダでさっぱりさせると、またおいしくいただけます。

そして気になってた。

拌餃子。

あえ餃子とか書いてある。

なんだろうねぇ?

餡を皮で包んだ餃子じゃなくて。
餡と皮を別々に和えてあるのか?

そんな想像しながら、追加注文しました。

すぐにやってきました。

拌餃子

想像とは違うけどね。

いわゆる水餃子。

これを、スープから出して。
皿に入れ。
タレをかけたような感じ。

「皮に色が移るくらい、よく混ぜてお召し上がりください」
言われました。

なるほど。

ひっくり返したりして。
色を付けて。

タレをたっぷりからめて

いただきました。

あ~。
水餃子。
食感は。

おいしい~

だけど、濃いたれの味。

これもうまい~。

つるっとしたのど越しが良かったね。

ちなみに。
よそのテーブルの人。

やってきた焼き餃子。

すぐに、箸で上からプスプスまんべんなく穴をあけてました。
なぜだ~?

それが正しいお作法なんですか?

ホワイト餃子の場所はこちら




0 件のコメント :

コメントを投稿