2014年3月17日月曜日

神戸の春の味覚-いかなご釘煮/いただき物:グルメレポート





1、レターパックがやってきた
2、さっそく食べてみる



三月も中盤を過ぎましたが。
まだまだ寒い日が続きます。

と思ってたら。
神戸のお友達からなんか届きました~。

レターパックで

神戸の春の風物詩と言えば。
神戸の春の味覚と言えば。

イカナゴのくぎ煮。

地方によっていろんな呼ばれ方をしてるらしい、イカナゴ。
これを、醤油と砂糖とみりんとかで炊いたヤツ。

なんでも、この季節。
神戸や明石の海岸沿い。
くぎ煮を炊く、甘辛いにおいが街中に漂うんですとか。

一般家庭なのに、ものすごく大量に炊くんですとか。

各家庭で、独自の味付けがあるんですとか。

隠し味、レシピは各家庭秘伝門外不出
相続争いも起きるとか。

知らないけど。

そんないかなごのくぎ煮。
レターパックでやってきました。

包まれて

レターパックっていうと。
なんか、メーカーの既製品の様ですが。
これはお友達のお母さん、手作りなんですって。

いかなごのくぎ煮専用のレターパック用タッパー。
そんなものが存在するくらい。

いかなご専用タッパー

神戸、恐るべし。


せっかくなんでね。
届いたばかりの。
炊きたてほやほやをいただきます。

ほやほやではないが。

まずは、タッパーをあけて。

大量のくぎ煮~

おお~。

いっぱい入ってるねぇ。

おいしそう~

そのまま食べてみます。
いっぱい入ってるから。

ちょっと贅沢に、多めに食べます。

食べてみる

う~まい。

味か濃いねぇ~。

なんかこう。
温かい飲み物がよく合うような気がしますね。

でもね。
昼間だしな。
温かいのを飲むのはやめときましょう。

なので。

白飯。

白飯にいかなごのくぎ煮

わ~。

これも合うはずよ~。

あったかいご飯。
これにくぎ煮を乗せて。

せっかくなんでたっぷり乗せて。

いただきます。

とてもよく合う

うまっ!

醤油とみりんと砂糖で味付けした魚。
そして白飯。
日本人の朝食だよねぇ。

お昼に食べてるけど。

こんなんね。
いっくらでも、ご飯を食べ続けることができるわ。
とまらんわ。

止まらない~

今年のイカナゴ。
解禁日には、すでにでっかく成長してたらしい。
なので、いつもより大きいごつごつしたくぎ煮なんですって。
そうなん?
よくわかんない。

とてもおいしいものをいただけました。

ありがとうございます。




0 件のコメント :

コメントを投稿