2013年12月27日金曜日

馬喰一代/岐阜:神田、馬喰は東京の焼き肉じゃない後編:グルメレポート




1、第一陣を食べる
2、第二陣を食べる
3、遅れてきた魔性




岐阜市内で焼肉忘年会。
おいしそうな料理を注文して。
いよいよ実食。


忘年会ですから。
昼間ですけど生をいっちゃいますよ。

すでに、テーブルの上には前菜が置いてありますから。
おつまみの準備はオッケー。

前菜

そしたら。

テーブルの上のセット。
ランチ専用なんだって。

アラカルトの人は付いてないんだって~。

一人分、下げられちゃった。
モチロン、あたしのセットね。

すぐに飛騨牛高級どて煮がやってきたからいいんですけどね。

どて煮

このどて煮。
う~まい。

牛筋はトロトロに煮込まれて。
少し甘めの味付けで。

飲み物に合うっ!

少し七味をかけると、味が引き締まります。

焼き物もすぐにやってきました。

まずは牛タン。
普通の焼肉屋さんの厚さです。

牛たん

これを網の上に乗せて。
さっと色が変わった程度の火加減で。
タレをつけて食べる。

軽めに焼くのが好き

これだね。
焼肉の始まりにふさわしいね。

タレは、レモンを絞っただけの汁ではないらしい。
レモンベースでなんか手を加えてあるらしい。
このタレがいいんだわ。

牛タンを食べ終わるのを待って。
いよいよ赤身
炭火焼。

本日の赤身

厚めのカット。

網の上に乗せて、焼き過ぎないように気をつけて。
お口の中へ。

赤身はジューシー

わはっ!

とろける。
うまいっ!

赤身だから、霜降りよりも硬めなんだろうけど。
特上じゃ無くて、上なんだけど。

お口の中で、あっというまになくなります。

もみダレ、つけダレともにお肉の味を邪魔しません。

塩コショウや、塩ダレってのもありました。
そっちはさらに肉の味が楽しめるんだろうねぇ。

ちなみにこの赤身。
炭火焼ランチのお肉も同じような気がする。

ランチのお肉

ってことは。
ランチ、かなりお得ですよ。

そしてソーセージ。

ソーセージとマスタード

ソーセージは長いので、円くして焼いてって言われたんですけどね。
長いまま乗せて、火が通りかけたら曲げられなくなっちゃった。

ソーセージも焼く

食べる時は、はさみでカットして食べます。
カットの時。
中から脂が飛び出しますので注意。

ソーセージをカットするみみさん

このソーセージ。
そのままでモチロンおいしいんです。

ソーセージを食べるみみさん

でもね。
付いてくるマスタード。
これがすごい。
そんなにピリ辛じゃないです。

粒がしっかりしててね。
噛んで粒がつぶれた時、お口の中に広がる軽いスパイシー。

ソーセージを食べ終わった後。
マスタードだけちびちび食べてましたわ。

大アサリエビは食べてないからわからん。
ホタテは一切れ食べた。

貝とエビを焼く

ホタテの炭火バター焼き。
当然おいしい。


もうちょっといけそうだよね。

ということで追加注文。


ホルモンはいっときたい。

飛騨牛すね焼き。
なにそれ?
すね肉って硬そう。
煮込み料理に向いてるイメージ。

おねえさんに、硬くないの?って訊いてみましたけど。
よくわかりません、ですって。

親鳥みたいに、硬いけど味わい深いかなぁ。
と思って注文しました。

あと野菜も食べときたい。
魔性のニラ。
おほっ!

すげぇネーミングだ。

血液サラサラって書いたるね。
肉ばっか食べてるからな。

ホルモン。
これは味噌ダレでやってきました。

ホルモン

網の上で、きゅーっと縮まるホルモン。
噛み切れないのはホルモンだわねぇ。

焼けたホルモンとみみさん

そして牛すね。
なにこのビジュアル。

飛騨牛すね焼き

薄切り。
牛タン並みの薄さ。

なるほど。
これなら硬いとはあんまり感じないでしょう。
スライス方向も、筋肉繊維をカットする方向ですし。

実際焼いて食べてみると、まったく硬くないです。
脂はあんまり無いです。

焼肉の最初に食べるにはちょっと物足りないかもしれないけど。
後半、もうちょっとなんか欲しいけど軽いのがいい。
って言う時に最適かも。


この後、デザートが出てきました。
シュークリーム。

カップにイチゴとシュークリーム

ランチだけじゃないのかな?
あたしの分も。

シュークリームとみみさん

そしてお会計をして。
帰ろうかと思ったところで。

魔性のニラ。

あ~。

忘れとったが~。

魔性

ニラのおひたし。
それに、味噌をつけて食べる。
味噌がおいしい。
柔らかいニラの香りもよい。
デザートのあとに食べるニラ

でもね。

このタイミングじゃぁ無かったわね。

☆ 神田、馬喰は東京じゃない前編に戻る




http://www.youtube.com/user/mimi33333333

0 件のコメント :

コメントを投稿