2013年12月1日日曜日

富山石川 海鮮づくしの旅 #11 バイキングでない永芳閣の朝食編



1、バイキングでない朝食
2、朝食のお料理





旅の宿。
朝食はバイキングが多いですね。
今回の宿はそうではありませんでした。


氷見の宿。

朝食も、夕食と同じ場所でいただきます。

まだ誰も来てない

バイキングではありません。

セット済みのテーブル

バイキングは、好きなだけ食べられるって言うのが魅力ですが。

いちいち取りに行かなくても、テーブルにお料理が並んでいる。
そういうのもめんどくさくなくていいですね。


一人1500円プラスして。
朝食のグレードアップをすることができます。

その名も「かぶす料理」
漁の分け前って言う意味ですとか。

けっこうお料理内容は豪華になりますけど。
朝はね。
そこそこでよいですから。

通常の料理のままにしました。

少なそうに見えるでしょ
通常でも、食べごたえがありますよ。

朝の献立

ご飯は、富山県産コシヒカリ。
氷見産かな?
少し硬めに炊いたご飯がおいしい。

刺し身が少し。

ブリですって

刺し身好きだけど。
朝だからね。
このくらいでいいんです。

刺身とみみさん

あ、いや。
刺し身、朝からたくさんあっても食べますけどね。


焼き魚は、いわし丸干し。
固形燃料のコンロで焼いて食べます。
真ん中辺の火力が強いところが焼きやすい。

いわしの丸干し。


じなじな干し?
食べたのは久しぶりだわ~。

鰯とみみさん

頭から行きました。
ちょっとほろ苦いこの味。
なんか懐かしい。

小鉢に入ってるのが二つ。
卯の花と。
鰤味噌

手前が卯の花で玉子のこっちがぶり味噌

ブリ味噌は、あんだーすーのようにちょっと甘いかな?
と思って食べましたら。
けっこう塩から目の味付け。
ご飯がススムわね。

焚き物は、くるま麩と野菜

すごくいい味付けでした

これ、すっごく味付けがいい。
甘すぎず、辛すぎず。

揚げも

ダシをたっぷり吸い込んだ麩。


お口の中で、そのダシをリリース。
うんまい。

モズクの酢の物
細いのね~。

もずくとみみさん
とろろ昆布くらい細い。
天ぷらにゃぁできないだろうねぇ。

そして、玉子
生卵。

ご飯にかける

玉子かけご飯専用ですって。

うまい卵かけご飯

そりゃぁご飯にかけて食べますよ。

氷見の醤油
甘めだそうです。
卵かけご飯の味付けにしました。

旅館の朝ごはんで食べる、玉子かけご飯。
最高だねぇ。

お味噌汁は、固形燃料で温かいまま。

沸騰してます

ととぼち味噌汁って言うんですって。

ととぼちって言うのは、魚のすり身のことらしい。

おお、入ってるわ。
ととぼち。

すり身

すこしふわっとした感じの食感。
魚くさくはぜんぜん無いね。


グレードアップしなくても、これだけのお料理です。
満足できましたよ。

ご飯を3杯も食べたくらいですから。

玄関前で
氷見では良い旅館に泊まることができました。

じゃらんnet提供


みみさん 富山石川 海鮮づくしの旅に行く旅行記:目次


富山石川 海鮮づくしの旅 #10 氷見の宿永芳閣で二次会編に戻る
富山石川 海鮮づくしの旅 #12 石川でカニを買うのは加能か編に続く

0 件のコメント :

コメントを投稿