2013年7月7日日曜日

熊野・白浜旅行記 #15 B級グルメ 御坊のせち焼き編





1、和歌山のB級グルメ昼食
2、お店に入ったらあの人たちが
3、せち焼きってナニ?
4、せち焼きを食べてみました


穴場の街でS級の味のB級グルメと出会った。

帰宅の途中、昼食に選んだ料理。
和歌山、御坊のB級グルメのご紹介。
いいお店でおいしいものが食べられてうれしい。


とれとれ市場でお買い物をしたら、特に観光をすることなく帰る予定です。

でも、お昼ご飯は途中で食べなくちゃいけないね。

高速道路上で、サービスエリア、パーキングエリアで食べる?
それかどこかに立ち寄って食べるか。

帰るだけですからね。
時間もあることなので、せっかくならどこかに寄って食べたい。
和歌山らしいもの。

和歌山ラーメン。
マリーナシティで海鮮バーベキュー。
いろいろと候補に挙がりましたが。

せち焼きに決定。


御坊の。
わざわざ高速を降りて行きます。

元祖のお店に行きました。

けっこうな評判のお店なので、行列するかな~、と思いましたがちょうど空いた席に座れました。

駐車場が店の前にあります。

オートバイの人たちが、数十メートルの差で、先に駐車しました。
けど、いろいろ準備が要りますからね、彼らは。
だから、先に座れちゃった。

駐車場には、ロードバイクが二台。
似てるけど、まさかねぇ。

店に入ると、見覚えのあるジャージの人。
食べ終わって出るところ。
あ~、那智にいた人だぁ。

せっかくなので、話しかけてみました。
「昨日の朝、那智にいましたよね」
「ええ、那智には行きましたね」
「坂を登って大変だなぁって思ってたんですよ。
 ふもとのコンビにで一緒だったんですよ」
「ああ、そうなんですか。
 私たちはこれから竜神に行くんです」
「それは大変ですねぇ、ではまた」

あたしもロードバイクに乗ってることを伝えりゃぁよかったなぁ。
貧脚だけど。
Youtubeに自転車動画を載せてることを宣伝すりゃよかったなぁ。
登り坂、キライだけど。


さて、席に着いたら注文します。

英語のメニュー

モチロンせち焼き
せっかくなので、ミックス。
イカ、豚、肉。
肉は牛肉ね。
マヨネーズもつけましょう。

せち焼きってぇのは、焼きそばを玉子で固めて円くしたもの。
お好み焼きみたいな外観ですが、小麦粉ではないのね。

味付けはソースで、マヨネーズはオプション。

自分で焼いたり、店の人が厨房で焼いてくれるスタイルではありません。
それぞれのテーブルで、店の人が焼いてくれます。

見どころは、玉子を入れる瞬間。
もんじゃ焼きのように、そばと具を炒めた土手を作ります。

土手

そこに、一気に玉子を投入。
おいしそうだぁ。

玉子イン

そして、マヨネーズをかけるところもちょっとした見どころ。
派手だ~。

マヨネーズオン

本体よりも、鉄板の方にたくさんかかってる~。

ここのお母さん。
撮影慣れしてるね。

サインや切り抜き

テレビの取材とかが多いみたいだからねぇ。
見せどころがわかってらっしゃる。


でき上がったらいただきますよ。
お作法はよくわからんけど。
コテで食べたらいいんだろうねぇ。

できあがり

そうしました。

いいね。

せち焼きを食べるみみさん

オムそばと同じ材料だけどね。
全然違うね。
見た目と味が。

お好み焼きの方が近い。
けど、それよりも玉子がマイルドな味にしてます。

う~まい。

ソースと青海苔と鰹が混ざって焼かれたのが、コテの裏にたくさんくっつきます。
これがまたうまいよね。
本体を食べ終わった後の楽しみですわ。

マヨネーズがいい


「今回、初めてきたんですけど、休みの日は混むんですか?」
「サークルの人が多いですねぇ、単車とか自転車とか」
「今日はゴールデンウェークだから、いっぱいだったらどうしようかと」
「回転が速いので」

あー、そういう人達が好みそうですよね。
なんか、その手の人達って、こういうところを嗅ぎつける嗅覚が鋭いよね。
穴場的な飲食店。
B級グルメ。
よく知ってて寒心しますよ。

映画のUdonでも、オートバイの人が穴場うどん屋めぐりしてましたもんねぇ。

先に駐車場に停めたオートバイの人達以外にも、別のオートバイの人が後からやってきてました。
そのくらいのお店でした。

お店の前に駐車場

回転が速いそうなので、もし行列したとしてもそんなに待たなくていいんじゃないかな。


これで、楽しかった熊野古道と白浜温泉の旅はおしまい。


熊野・白浜旅行記 #14 ここまで来たならとれとれ市場に寄らねば編に戻る

みみさん熊野古道・白浜温泉に行く旅行記:目次

0 件のコメント :

コメントを投稿