2013年7月2日火曜日

熊野・白浜旅行記 #10 白良浜の海岸と白浜温泉街散策編





1、外湯と足湯
2、白良浜の景観
3、白浜銀座を歩いてみる


温泉街と言うよりも広い広い海水浴場が散策のメインスポット。

夕食までの間、白浜温泉の街を散策します。
きれいな海水浴場が見どころ。
おみやげ屋さんや足湯なども充実していました。


夕食まで時間がありましたから、白浜温泉の街を散策します。

白浜は温泉街といっても、城崎や渋のように浴衣に下駄が似合う街ではありませんね。

かといって、和倉や片山津のように、巨大ホテル旅館が施設内に客を囲っちゃって、外が寂しいという街でもない。

基本的には海水浴場なんだろうねぇ。
関西圏からの海水浴客が多くやってきそうな気がします。

街には、外湯や足湯がいくつかあります。
外湯めぐりなんかも楽しいかもしれませんね。

外湯前のオブジェ

あたしはめぐらなかったです。
短パンとサンダルを持ってきていれば行ったかもしれないけど。

足湯につかる

ジーパン、靴下、スニーカーなので着替えるのがちょっと面倒で。


宿からすぐのところに、白良浜という砂浜があります。

きれいな白い砂の浜。
海水浴場。
かなり広い。


白良浜

「白浜」の名の由来になった浜ですとか。

浜には外湯もあります。

陸から見た感じでは透明度はよさそうです。
でも、人が泳いでないからね。
砂とかかき混ぜてないからね。

夕日の白良浜

知多の内海海水浴場。
海水浴シーズンは、味噌汁ですよね。
でも、オフシーズンだとけっこう透明なのよね。
人が入ってなくて、砂が舞ってないから。

ここはどうなんでしょうかねぇ?
砂が細かそうだもん。

その海の中、ところどころ黒い部分があります。
根かなぁ?

根だと魚がついてるかなぁ?
スノーケリングによいかなぁ?

あるいは海草の固まりかなぁ?
いいポイントなら、シュノーケリングに来てもいいなぁ。


この浜に沿って、幹線道路があります。

その両側にホテルや、おみやげ屋さんや、飲食店があります。
コンビにも。

そして、わき道に入ると夜用の飲食店が立ち並ぶ通りです。
白浜銀座。

白浜銀座

VANの紙袋を持って歩かねば。

まだ早い時間だったので、飲食店は営業前でしたが。

飲食店だけじゃなく、足湯もあります。
手湯も。

手湯

しかも、足湯に足をひたしながら飲食できる施設まである~。

すごいね。

足湯。
ゆーしみー。

和歌山ラーメン

夕食後、元気だったら和歌山ラーメンを食べにここまでまたやってきましょう。


熊野・白浜旅行記 #09 巨大ホテルが苦手な人向けの宿編に戻る
熊野・白浜旅行記 #11 温泉街で白浜名物を扱うおすすめのお店編に続く

みみさん熊野古道・白浜温泉に行く旅行記:目次

0 件のコメント :

コメントを投稿