2013年6月14日金曜日

利休庵/蓼科:蕎麦屋の巨大かき揚げは手で割って食べる前編:グルメレポート






1.ドライブ行き先に悩む
2.蓼科に行こう
3.おいしいお蕎麦屋さん
4.お蕎麦をいただく


確実に美味しい信州の蕎麦屋の特に蓼科で評判の店に行くのだ。

グルメレポート
今回は、信州蓼科。
おいしいお蕎麦のお店情報をキャッチしましたので行ってみます。
これは、その前編。

週末は天気がよかったので、どこかドライブに行きましょう。

近場で、なんかおいしいものを食べられて、軽く散歩でもできるようなところ。
どこかいいところは無いかなぁ?

と、悩んだのがその当日の朝。
もう9時だわ。
こんな時間だとそんなに遠くには行けんがね。

伊勢神宮
参道やおかげ横丁でおいしいものを食べて
楽しいお買い物散歩しましょうか?



モチロン、メインはお参りだよ。

イカンが~。
もうこんな時間では遅いが~。

東名阪自動車道、四日市が渋滞しとるに。
伊勢神宮、現地の駐車場も満車だに。

じゃぁ、高山

高山ラーメンを食べて、古い街並みを散策。
どう?

でもなぁ。もう何回も行ってるなぁ。
いまひとつ決め手に欠ける。


東のほう、静岡は?

ちょっと遠いよね。
この時間からだと、特に思いつかんねぇ。


そういえば、蓼科においしいお蕎麦屋さんがあるらしいよ。
けっこう口コミでの評判もよいみたい。

食事以外のお楽しみは、なんかある?

白樺湖散策諏訪湖散策美ヶ原高原美術館諏訪神社御神渡り

それ魅力

美ヶ原高原美術館には一度行ってみたいと思ってたんです。

なんでも、屋外に奇妙な形をしたオブジェがたくさんあるとか。
下北沢系のマンガ家さんのエッセイを読んで興味がわいてましたから。

屋外展示ってことは、散歩するのにもよさそうですよね。

ということになった。

御神渡りは冬だわ


ナビにお蕎麦屋さんを入力して出発。

中央道を諏訪インターで降りて、国道152号線で白樺湖へ。

あれ~?
目的地までの距離が200キロ弱あるがね~。
遠いが~。

東名だったら静岡ぐらいまでいけるねぇ。

しかも、諏訪から山道の一般道だわ。

お昼ごはんの時間に行けるかなぁ?



途中、中央自動車道が橋の工事中で、片側一車線通行。
渋滞5キロしてまして、40分のロス。

ですが、何とかお昼ご飯といえる時間に到着することができました。

白樺湖から、上田方面に向う道。
左側にそのお蕎麦屋さんはあります。

利休庵。

コリャなんか気になる外観ですね。

気になるお蕎麦屋さんの外観

駐車場は、建物の隣にあります。

評判のお店なので、駐車場も満車のときがありますよ。
という情報を聞いていましたが、空いてたので難なく停めることができました。

外に、人が待っている様子もありません。
おお、ラッキー。

入り口には、十割蕎麦の看板。
限定。
まだありますよ~、って。

十割そばあります

お蕎麦屋さんですからね。
お蕎麦をいただきますよ。

普通のお蕎麦と、せっかくなので十割蕎麦をいただきます。
入り口の看板に釣られたのです。

十割蕎麦を注文しちゃいました。
少し高いのに~。

おしながき

そして、このお店の看板メニュー。
かき揚げ。

その裏面

巨大らしい。

これを食べておかないとね。

お蕎麦とかき揚げのセットに決定。

メニューには、十割蕎麦とかき揚げのセットは載ってません。
普通のかき揚天ざるそばに、250円増しです。


店内には、お惣菜が置いてあります。

欲しい人は、自分で好きなのを持ってくることができます。

手作りサービス品

あたしは、なめたけラディッシュの甘酢漬をいただきました。
なんかおいしそうだったんで。

やっぱりおいしかったんですけどね。
市販のなめたけのより、固体成分が多い。
そして、それほどは甘くない。
何より、きのこの味がしっかり楽しめます。

なめたけを食べるみみさん

ラディッシュは、ちょっと甘めの酢。
これもさっぱりしておいしい。

ラディッシュを食べるみみさん

さて、しばらくするとお蕎麦かき揚げがやってきます。

でた~。

かき揚げ。

巨大かき揚げ

でかい~。
パイナップル缶詰ぐらいの大きさ。

上に、海老天が一つ乗ってますね。

お蕎麦をいただきます。
十割ですからね。

十割そば

すこしざらっとした食感。
で、蕎麦の香りが強い。

ような気がする

普通の方は、何割だかわかんない。
たぶん二八。

奥が普通の蕎麦

十割に比べると、少し蕎麦の香りは少ない。
でも、コシがあってつるつるしてます。
喉越しが気持ちよい。

ような気がする


グルメレポート:巨大かき揚げは手で割って食べる後編-蕎麦/蓼科に続く

http://www.youtube.com/user/mimi33333333

0 件のコメント :

コメントを投稿